スモールビジネスで成功者になる方法

成功者と呼ばれる方々は、スモールビジネスをいくつも行ってるという方が多いと言われています。多くのスモールビジネスを起業する事が、結果的に一番成功に近づける方法なのです。ネットビジネス、サロン開業、ネットショップ、週末起業など様々なスモールビジネスをご紹介します。

サロンを開業するには自宅サロンと店舗を借りる開業とどっちが成功する?

サロンを開業するには自宅サロンと店舗を借りる開業とどっちが成功する?

サロンを開業したいと考えてる方が、まず一番初めに悩むのが、どんなサロンにするかという事なのではないでしょうか?

自宅サロンにするか、店舗を借りるかなど選択肢は色々あります。

サロンを開業する場合には、自宅と店舗を借りる場合とどちらが良いのかについて、みていきましょう。

スポンサーリンク

自宅サロンと店舗を借りる場合とどちらが良いのか比較してみる

サロンの開業を考えた時に、自宅サロンが良いのか、店舗を借りての開業が良いのかについては、その方その方によって異なってきます。

というのも、どんなサロンにしたいのか、どんな形態でサロンの経営を行っていきたいのかによっても、全く異なってくるためです。

まずは、どのようなサロンにしたいのか、頭の中で思い描いてみる必要があります。

例えば、本格的に多くのお客様を施術したい、信頼も得たいと考えてるのであれば、店舗を借りるのが良いでしょう。

たくさんのお客様を施術するには、特に駅前の路面店などは有効です。

一方、子育ての範囲内でサロンを経営したいと考えられてる方などには、自宅サロンがおすすめです。

自分がどんな形でサロン経営をしたいのか、まず最初に考えてみる事をおすすめします。

自宅サロンのメリットとデメリット

それでは、自宅サロンのメリットとデメリットから見て行きましょう。

もちろん、今回ご紹介するのは一般的なメリット、デメリットとして挙げられる部分なので、あなたにとっては異なる可能性も多々あります。

自分自身に当てはめて、後ほどメリットとデメリットについては紙に書き出してみる事をおすすめします。

自宅サロンのメリット

自宅サロンのメリットは、

  • 開業資金が0円、もしくは少額で済むという事
  • 家賃もかからないという事
  • 移動時間がかからない事
  • 家事なども自宅の用事も行うことができると言う事

などが挙げられます。

もちろん、開業資金に関しては、ベッドやオイルなど、消耗品などは揃えなければなりませんが、店舗で開業する場合にももちろんそれらは必要です。

自宅サロンのデメリット

自宅サロンのデメリットは、

  • 生活感が出ないように気を付けなければならない事
  • 看板を出すのが難しいという事
  • 賃貸の場合には、サロン営業を許可してもらえるか難しいという事
  • 仕事とプライベートを分けるのが難しくなるという事
  • 集客が難しい事

これらのデメリットが挙げられます。

サロンに使うお部屋だけ、素敵に演出することもできますし、色々と工夫を凝らして行く事はできるはずです。

店舗を構えて営業するよりも、自宅サロンの場合は敷居が高くなってしまい、集客が難しいというデメリットは正直あります。

そのデメリットをどうやってカバーして行くのかが、自宅サロンの課題なのではないでしょうか?

自宅サロンのメリットとデメリット

店舗を借りた場合のメリットとデメリット

それでは、店舗を借りてサロン経営をした場合のメリットとデメリットについてみて行きましょう。

店舗を借りて営業した場合は、経営者としての意識が高くなります。

その分、リスクも伴うのが店舗を借りてサロンを経営する事なのです。

店舗開業のメリット

店舗を借りた場合のメリットは、

  • 店舗なので信頼を得やすいという事
  • 飛び込み客などの需要も見込めるという事
  • 融資なども受けやすいという事
  • 店舗の規模によっては従業員を増やして大きく成長させる事も可能だという事

これらの事が挙げられます。

人を雇ったり、大きく行うのであれば、間違いなく店舗を借りて営業するのが一番でしょう。

店舗開業のデメリット

それでは、店舗を借りた場合のデメリットについてみて行きましょう。

店舗を借りた場合のデメリットは、

  • 開業資金が高くなってしまう
  • 看板などにも高額なお金がかかるという事
  • 運転資金もそれなりに必要だという事

これらの事が挙げられます。

店舗を借りた場合のデメリットは、金銭面でのリスクが大きく挙げられます。

その他は、特にデメリットと呼ばれる部分はないのではないでしょうか。

開業資金との兼ね合いで、店舗にするか、自宅サロンにするか選ぶのも一つの方法ですね。

自宅サロンからはじめてステップアップもあり?

最初は、自宅サロンから営業を開始して、大きくしていきたいと思ったら店舗を借りて営業すると言うのもありでしょう。

ただし、せっかくついてくれたお客様も場所が変わる事で、いらっしゃらなくなってしまう場合も出てきます。

自宅サロンが良いか、店舗を借りての開業はどちらが成功しやすいかについては、その方その方の求めるサロンの形にもよりますし、なんとも言えません。

自宅サロン、店舗サロンでは営業の仕方も異なってきますし、どれだけの利益が欲しいのかなどについても異なってくるためです。

どちらの形が自分の理想の開業なのか、よく考えて決定すると良いですね。

いずれにしても、せっかく開業するなら絶対に成功させる!という気持ちで開業する事が、成功への近道となるでしょう。

スポンサーリンク

down

コメントする




time 2016/06/15



スポンサーリンク