スモールビジネスで成功者になる方法

成功者と呼ばれる方々は、スモールビジネスをいくつも行ってるという方が多いと言われています。多くのスモールビジネスを起業する事が、結果的に一番成功に近づける方法なのです。ネットビジネス、サロン開業、ネットショップ、週末起業など様々なスモールビジネスをご紹介します。

様々なサロン開業の形!レンタルサロンという選択肢もあり!?

様々なサロン開業の形!レンタルサロンという選択肢もあり!?

サロン経営をしたいけど、自宅は使えない…。そんな方もいらっしゃるかもしれません。

そうかと言って、店舗を構えるのも難しい…。そんな方におすすめなのが、レンタルスペースでサロン経営をするという方法です。

レンタルサロンについて、ご紹介して行きます。

スポンサーリンク

レンタルサロンとは?

サロンを開業したいけど、様々な理由でなかなか開業が難しい。そんな方もいらっしゃるはずです。

そんな方々におすすめなのが、レンタルサロンです。

多くのレンタルサロンの場合は、はじめから色々な設備が整っているため、開業資金が殆どいらずに営業を開始することができます。

レンタルサロンのメリットとは?

レンタルサロンで開業する時のメリットについて、ご紹介していきます。

レンタルサロンは、

  • 家賃が不要
  • 好立地
  • 開業資金が少なくて済む

など、金銭面でのメリットがかなり多いと言われています。

店舗を構える際に一番問題になってくるのが、家賃などの固定費や開業資金なのではないでしょうか?

店舗を借りる際には、保証金や敷金などで結構な金額がかかります。

また、スケルトンタイプの物件などを借りる場合には、色々と最初から揃えて行かなければなりません。

工事費や内装費などで、かなりのお金がかかる事必須です。

レンタルサロンであれば、初めからある程度の設備が整っているため、内装は不要です。

また、ベッドなども準備されているため、自分自身で準備するものはある程度の消耗品などで限られたものになります。

お金はあまりないけど開業したい。そう考えてる方にとっては、レンタルサロンはかなり嬉しい仕組みなのではないでしょうか?

また、出張でその地域のお客様に施術を行うという場合にも適しています。

普段は自宅サロンで地元で施術を行い、都内でも同時に集客を行い、都内のお客様はレンタルサロンで施術を行うという方法を取ることもできます。

お客様の幅を広げることにも、利用することができるのがレンタルサロンなのです。

レンタルサロンのめメリット・デメリットとは?

レンタルサロンのデメリットとは?

レンタルサロンのメリットは、固定費がかからないという事が最大のメリットになりますが、やはりメリットがあるという事はデメリットも存在します。

レンタルサロンのデメリットは、万が一お客様が遅れていらした時に、サロンの延長ができるかという事です。

時間単位でレンタルサロンは借りる事になります。

そのため、遅刻などされた場合にレンタルサロンに次の予約が入ってた場合、場所の延長などができない場合が多々あります。

これは、最大のデメリットなのではないでしょうか?

また、レンタルサロンというのは基本的に時間貸しになります。

そのため、遅刻された場合には、本来なら1時間分のレンタルスペース代で良いのに2時間分支払わなければならないなんて言う事にもなりかねません。

しかしながら、お客様に上乗せしてレンタルスペース代を請求できるかというと、そういう訳にもいきません。

また、おしゃべりをしててなかなかお帰りになられない。そんな場合もあります。

そういう時に、刻々と時間が過ぎて行ってしまうというデメリットがあります。

レンタルサロンの一番のデメリットは、時間だと言っても過言ではありません。

ゆっくりして頂きたいけど、ゆっくりして頂くと延長料金が…。なんて思っていると、対応もそれなりになってしまう事でしょう。

延長代金で、施術代金が無くなってしまうなんていう事にもなりかねません。

レンタルサロンを使う際には予約はどうする?

レンタルサロンで開業する時には、お客様の予約を先に取るか、レンタルサロンの予約を先に取るか、難しい所ですよね。

基本的に、お客様にご予約を頂いたら折り返しご案内をするという形がベストでしょう。

まず、ご予約を頂き、その後にレンタルサロンの空き状況を確認してから折り返すという形です。

その際に、レンタルサロンの空がないからせっかく頂いたお客様のご予約をお断りすると言うのは、とっても残念ですよね。

そうならないためにも、レンタルサロンはいくつか契約しておくと言うのも良いでしょう。

レンタルサロンによっては、使う時にしかお金がかからない、そんなサロンもあります。

最初の初期費用がかからないレンタルサロンをいくつか持っておく事で、お客様のご予約をキャンセルしなくても済むようになります。

また、お客様からのご予約は早めに頂くなどと対策を取っておくと良いでしょう。

レンタルサロンには、メリットもデメリットもあります。

自宅で開業は出来ないけど、独立してサロンの運営をしてみたい。まずはどんな感じなのか試してみたいという方にも、レンタルサロンはおススメです。

レンタルサロンからスタートして、店舗を持ったという方も結構いらっしゃるので、そのような方法で経営して行くのもありでしょう。

スポンサーリンク

down

コメントする




time 2016/07/15



スポンサーリンク